また雪

昨日からまた雪が降りだした。そうでなくとも度重なるロックダウンで気が滅入っているのに日中が零度という北国の日々が1週間続くそうだ。ああ、寒すぎて心も凍る。

 

良いニュースとしては、イギリスの感染者数と死者数が減少してきていること。ワクチン接種の効果というよりはクリスマスから年末年始にかけて騒いだ後の悪影響が落ち着いてきたとみるのが妥当だろう。 ワクチンの効果は接種してから1カ月はかかるようだから、3月くらいから見えてくるんじゃなかろうか。

 

とにかく、小学校よ、一刻も早くオープンして!!

 

 

 

ピアスの穴が埋まる

コロナのせいで外出しなくなり、お洒落をしなくなり、ピアスもしなくなり、そしてとうとうピアスの穴が塞がるようになってきた。

 

1週間ぶりにピアスを通すと穴が詰まっているので、軸を強く押して貫通させていたが、たまに血が出たり腫れるようになってしまった。

まずいなと思いながら数カ月過ごしてきたが、似たケースがないかGoogleで調べてみると、皮膚科に行った方がいいなどのコメントがあり、やはり良くないんだと理解した。対策を探してみると、ピアスの穴にシリコンチューブを通してそのまま過ごすのが良いと書いてあった。そのシリコンチューブは楽天などで数百円で販売されていた。

しかし私はいまイギリス在住であり、楽天で買うと送料が異常に高くなるのでそれはやりたくない。 身近なもので代替できるものを探した結果、子供がビーズ遊びに使っていたシリコン?でできた糸を見つけた。 これが意外にうまくいって、ただいま私の両耳のピアスの穴にはその糸が通っていてくす結びがされた状態だ。

 

日本じゃあり得ないけど、イギリスならこのままで買い物ぐらいには行けそうだ。

 

早く腫れが治るといいな。

3度目ロックダウンとショッピング

イギリスは1月5日から3度目のロックダウンとなった。

変異株の登場により1日あたり5,6万人の新規感染者がでているわけだから、文句を言う気にもならない。 学校もクローズしてしまい、子供たちもずっと家にいる。

 

長期間の不自由生活によるストレスが重くのしかかってきているが、このご時世で職を失うわけでもない現状に感謝しなくてはいけないのだろう。

 

しかし、そうはいってもツラいのでショッピング!

 

昨年3月から続くWork from homeによる運動不足解消を期待し、上下伸縮可能パソコンデスク!!をゲット。 立ったり座ったり仕事ができるのだ。

これ →FITUEYES Standing Desk Converter

 

そして育ち盛りの子供たちのお腹を満たすための唐揚げづくり道具として、Staub鍋をポチっと。 大橋由香さんという料理研究家の方のYoutubeStaub鍋で唐揚げがいとも簡単にできているのをみて即決!すっごい美味しい唐揚げができた。

これ →STAUB Cocotte Round 16cm

 

どちらも素晴らしいアイテムでした。

いつ日本に一時帰国できるのか。。

海外赴任者は年に一度、一時帰国が許されているが今年はコロナパンデミックで自粛モード。日本からするとヨーロッパの感染者数は異常に多くて、〇〇社員が帰国して感染を広めたなどと報道されたりすると会社としては迷惑なのだろう。日本の企業らしいな。

 

ではどうなったら帰国できるのか!? と考えてみた。

 

イギリスは今週から世界に先駆けてコロナワクチンの接種が開始されたので、来年の夏前には国民はほぼ接種できると予想される。その後はワクチン接種パスポートみたいなものが発行され、それを保有していれば自由に行動しても良いと言われている。

 

ではそのパスポートがあれば日本へ帰国できるのかと言うとそれは違う気がする。なぜならコロナワクチンを接種したとしてもウィルス感染し、ウイルスをまき散らす可能性があるからだ。

インフルエンザワクチンを例にとると、ワクチンを接種してもインフルエンザには罹患する。ワクチン接種している人は発症しても軽症に済むが、他の人に感染させてしまう可能性は十分にある。

 

結局、日本が全国民にワクチン接種を完了させなければ帰国できないってことか。。

おー、なんてこった。

寒すぎる

ロンドン、寒すぎ。 今日は最低気温0度、最高気温3度。

こんな日がずっと続いてる。 

日照時間はどんどん短くなって15時半には暗くなる。

 

あー、寒い。日本の東北くらいの寒さだと思う。

 

寒がりの私にはつらい。。 とりあえず、1日も早く冬至を過ぎて欲しいと願う。

イギリスがすごいと思うこと

今日からイギリスでは世界に先駆けてコロナワクチンの接種が開始されることになった。まずはケアセンターにいるお年寄りとその介護者から。

 

多くの国々がその副作用を恐れてワクチン接種を始めない中、イギリスのBoris Johsonはこれを決定し実行に移した。

 

さらに驚くべきは、エリザベス女王夫妻も例にもれず第一陣で接種が予定されていることだ。

 

世界のために、国民のために、一番風呂に入るリスクを恐れないこの国のリーダーシップはあっぱれだと思う。 Boris Johsonとイギリス国民は凄いと思う。 

クリスマスカードを送る

週末にせっせとクリスマスカードを作り、先ほどPost Officeで投函してきた。

イギリスは国内郵便の値段はとても安いが、海外郵便の値段は高い。

定型封書を日本に送ると約300円する。日本からイギリスに送る場合の2倍だ。

 

今回、以前から気分転換に作っておいた布マスクも一緒に送った。

10通で18ポンド。 日本向けが3件あったからまぁまぁの値段となった。